FC2ブログ

個人的におすすめなアルバムの紹介です(´∀`)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lee Morgan『Cornbread』(Blue Note)

Cornbread.jpg

01, Cornbread
02, Our Man Higgins
03, Ceora
04, Ill Wind
05, Most Like Lee

Tp: Lee Morgan
As: Jackie McLean
Ts: Hank Mobley
Pf: Herbie Hancock
Bas: Larry Ridley
Drs: Billy Higgins
Recorded September 18th, 1965, New Jersey

65年録音ということであまり話題にのぼることがないし有名なスタンダードが収録されているわけでもない地味目なアルバム。しかし3曲目の「Ceora」のおかげで個人的にはよく聴くアルバムだ。収録曲の中では一番演奏時間が短いが印象に残る名曲・名演だ。

コンポーザーとして自身で作曲した数はそんなに多くないMorganだが、「Ceora」はその数少ない自作曲の中で一際精彩を放っている名曲だと思う。ラテンのリズムが心地よいメロディアスな曲でかっこいいキメもあり一度聞いたら忘れられない。Ceoraは女性の名前ということで、プレイボーイだったMorganのことだから過去の恋人にでも思いを馳せて作った曲なのかもしれない。
このアルバムはHerbieがピアノということで、小粋なイントロから始まりバッキングでもソロでも持ち味の知的さを生かしてこの名曲をさらに名演にする大きな要因となっている。テーマ、MorganとMobleyのソロの後ろでの緩急つけたバッキングには思わずニンマリしてしまうほど。自分のソロでも無理にモーダルなアプローチで曲のよさを崩すことをせず、素材を生かしたプレイで納得の出来。ほんとサイドマンとして参加すればパーフェクトに近い仕事してくれるね、Herbieは。もちろんMorganとMobleyのソロも水準以上の出来。

他にも、1曲目のタイトル曲はMorganお得意のジャズロック風トラックで、ノリもよく各人のソロの出来がもっとも良いのはこの曲だと思う。5曲目の「Most Like Lee」はアルバム最後を飾るにふさわしい正統派4ビートでハードにドライブしていてカッコイイ!
真っ赤に染まったアルバムジャケットもインパクト強いので見かけたら買ってみては?


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://mayugeinu83.blog90.fc2.com/tb.php/98-a948d875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。