FC2ブログ

個人的におすすめなアルバムの紹介です(´∀`)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Horace Silver『In Pursuit Of the 27th Man』(Blue Note)

albumcoverHoraceSilver-InPursuitOfThe27thMan.jpg

01, Liberated Brother
02, Kathy
03, Gregory Is Here
04, Summer In Sentral Park
05, Nothin' Can Stop Me Now
06, In Pursuit Of the 27th Man
07, Strange Vibes

Tp&Flh: Randy Brecker
Ts: Michael Brecker
Vib: David Friedman
Pf: Horace Silver
Bas: Bob Cranshaw
Drs: Mickey Roker
Recorded October 6th, November 10th, 1972, New Jersey

SilverのBlue Noteでの通算27作目にあたるアルバム。一般的に『Song For My Father』以降の作品は無視されがちなうえ、このアルバムに関して言えばジャケットもなんか地味であまり期待できそうにない印象を受けたが『Song For~』後もちゃんと進化し続けていたことがわかる良盤だ。

フロントに「Brecker Brothers」としてバンド活動を始める前の若かりし日のBrecker兄弟を迎えての録音。ちなみにBrecker兄弟が参加する曲(1,3,5曲目)にはFriedmanは参加せず、Friedmanが参加する曲にはBrecker兄弟は参加しない。ということでクインテット編成の曲とカルテット編成の曲に分かれるわけだが、管楽器好きの自分としてはBrecker兄弟参加の曲のほうが好きだ。といっても二人がソロを取るのは1,3曲目だけで5曲目はSilverのソロだけで二人はテーマとバックでリフを吹くだけになっている。まぁ当時は全く無名の二人なのでそういう扱いもやむなしといったところか。
それでも二人のソロは素晴らしい内容で後にフュージョンバンドの大御所となる素質を遺憾なく発揮してアルバムを盛り上げている。

1曲目「Liberated Brother」はイントロからノリノリになれるファンキーナンバー。Silver作曲かと思えばWeldon Irvineのオリジナルで彼の自主レーベルから発売されたファーストアルバムに収録されている曲だった。他人が作った曲とは思えないほどにSilverにぴったりで文句なしの快演が聴ける。Randyのソロが素晴らしい。
3曲目「Gregory Is Here」ではMichaelのソロのほうが印象に残る。Coltraneからの影響を感じさせるところが微笑ましく、メジャーになってからのプレイとはひと味違う演奏を聴くことができる。

他にもFriedmanをフィーチャーした5拍子の「Kathy」もいい曲だ。Rokerのシンバルワークも冴えていて気持ちいい。
あまり取り沙汰されないが快感指数は高いアルバム。ジャズ聴かない人にもおすすめ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://mayugeinu83.blog90.fc2.com/tb.php/59-89ee78e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。