FC2ブログ

個人的におすすめなアルバムの紹介です(´∀`)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Baptiste Trotignon『Suite...』(Naive)

u3298499015293.jpg

01, Suite Prologue
02, Suite PART I
03, Suite PART II
04, Suite PART III
05, Suite Interlude I
06, Suite PART IV
07, Suite Interlude II
08, Suite PART V
09, Flow
10, I Fall In Love Too Easily

01 - 09
Tp: Jeremy Pelt
Ts: Mark Turner
Pf: Baptiste Trotignon
Bas: Matt Penman
Drs: Eric Harland
Recorded July 8th&9th, 2009, London

10
Tp: Jeremy Pelt
Ts: Mark Turner
Pf: Baptiste Trotignon
Bas: Thomas Bramerie
Drs: Franck Agulhon
Recorded July 5th, 2009, Paris

フランスの若手ピアニストTrotignonのロンドンでのライブ盤。おまけとして10曲目にリズムを入れ替えたパリ録音の「I Fall In ~」が収録されている。
このアルバムの目玉はもちろんトラック1~8、およそ50分弱にわたって演奏される「Suite」だ。

序曲~1楽章はじめのロマンティックな部分を過ぎると早くもバンドはエンジン全開に。一見すると病弱そうな印象をうけるTrotignonだが(失礼!)、意外にも情熱的で激しいプレイを聴かせてくれるのはフランス人としてのエスプリのなせるわざだろうか。
第2楽章で初めてソロを取るTurnerのサックスを聴いて、その変態っぷりに思わず笑みがこぼれてしまったのは内緒(笑)。フレーズ続くと思いきや中途半端なところで止めたり、かと思えばありえないタイミングで吹き始めたり、無駄にフレーズがうねうねしてたり、聴いてて楽しい。
第5楽章でようやく落ち着いた感じに戻り、8分の10拍子の変拍子に合わせてモチーフを発展させながら再び熱くなり、そのままエンディングへと向かう。ライブの熱気も手伝って50分が短く感じる会心の出来だ。
そしてリーダーのTrotignonを差し置いて、このアルバムの黒幕とでもいうべき存在がいる。ドラムスのEric Harlandだ。録音のせいもあると思うがシンバルにしろスネアにしろ迫力抜群で出るところは出て、サポートに回ってもかゆいところに手が届く孫の手プレイを聴かせてくれる。なによりイケメンやしね、彼。
「Flow」は少しTurnerのサックスが供給過多で聴いてて疲れるかも。御世辞にもきれいな音色とは言えない音をイントロの無伴奏ソロから延々と聴かされるとさすがにちょっと・・・ってなる。なにごともほどほどが一番。「I Fall In ~」はいい感じの演奏。

こういう組曲編成のアルバムは結構敬遠されがちだけど、これはライブということもあって聴きやすくおすすめ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://mayugeinu83.blog90.fc2.com/tb.php/56-9f2bf6dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。