FC2ブログ

個人的におすすめなアルバムの紹介です(´∀`)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blue Mitchell『Blue's Moods』(Riverside)

Blues Moods


01, I'll Close My Eyes
02, Avars
03, Scrapple From The Apple
04, Kinda Voyage
05, Sir John
06, When I Fall In Love
07, Sweet Pumpkin
08, I Wish I Knew

Tp: Blue Mitchell
Pf: Wynton Kelly
Bas: Sam Jones
Drs: Roy Brooks
Recorded, August 23rd, 24th, 1960, New York

これぞまさに正しいジャズ!
トランペットのワンホーンアルバムの定番でもあり、ジャズ初心者でも肩肘張らずに楽しめる一枚だと思うし、まったく奇をてらわず素直に演奏される魅力的な曲の数々に惚れ惚れとしてしまう。

メンバーもなかなかの顔ぶれ。Wynton Kellyは容器でブルージーなピアノで演奏をカラフルにいろどり、安定感のあるSam Jonesのベースはまさに縁の下の力持ちとして堅実にサポートする。Roy Brooksのドラムも軽快にビートを刻む。何度聴いても飽きない名盤。

とりあえずは冒頭の「I'll Close My Eyes」にこのアルバムのいいところが詰まっているので、聴いていただきたい。MorganやByrdのように朗々と吹くわけでもなく、かといってDorhamほど哀愁をただよわせる音で吹くわけでもない、要するに普通のトランペットなのだ、Mitchellのトランペットは。それでもこの曲を一度でも聴いた方はその「普通であること」の魅力にとりつかれてしまうと思う。カレーが一週間続いた後の焼き魚定食に感じる安心感みたいなものをこの演奏には感じる。
他には短いながらもKellyのソロが印象的なバラードの「When I Fall In Love」、お茶目なメロディーが楽しい「Sweet Pumpkin」などが聴きやすい。

録音良し、メンバー良し、選曲良し、演奏良し、の文句なしの名盤。初心者にもとっつきやすいアルバムとして声を大にしてお勧めしたい。


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://mayugeinu83.blog90.fc2.com/tb.php/33-0e776287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。