個人的におすすめなアルバムの紹介です(´∀`)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Welcome to My Blog!!
駄文ばかりですがよければ読んでやってください。

この記事は目次です(^^)
↓の「続きを読む」からここで紹介したアルバムをまとめてみました。
アルバムタイトルをクリックで各記事に飛ぶことができます。

  続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
Joe Henderson『Mode For Joe』(Blue Note)

Mode for Joe


1, Shade Of Jade
2, Mode For Joe
3, Black
4, Carribean Fire Dance
5, Granted
6, Free Wheelin'

Tp: Lee Morgan
Tb: Curtis Fuller
Ts: Joe Henderson
Vib: Bobby Hutcherson
Pf: Ceder Walton
Bas: Ron Carter
Drs: Joe Chambers


ジョーヘンのブルーノート最後のアルバムということで、初期ジョーヘンの集大成といえる作品。
まず注目すべきは編成。このアルバムまではフロントはワンホーンあるいはツーホーンのオースドックスな編成ばかりだったが、今回はテナーサックス、トランペット、トロンボーンにビブラフォンの大所帯。スリーホーンの重厚なアンサンブルの中をHutchersonが涼しげに泳ぎ、暑苦しい中に清涼感を感じる不思議な空間が生まれている。1曲目のテーマ部分なんて特にその雰囲気を感じていただけると思う。Hutchersonはこの曲ではソロはとらないが彼無しではこの曲の魅力は半分以下になってしまうと思う。

各々のソロに関しては正直全曲全ソロ聞き逃せない快心の出来になっている。中でもリーダーであるHendersonのプレイは特に素晴らしく、それまでのアルバムでは共演する先輩ミュージシャンに遠慮をしていたのかしらと思うほど自由にブリブリとテナーを吹き鳴らしている。Hendersonに触発されてMorganも熱いプレイを炸裂させているし、Chambersも後ろから煽る煽る。

個人個人のプレイ、曲のアレンジ共に高い水準でまとまった好盤。当時の若手俊英達によるパワーあふれる出来で、スピーカーから出てくる音を手掴みできそうなくらいの濃い内容となっている。熱帯夜にビールと共にどうぞ!!



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
Billy Harper 『Black Saint』(Black Saint)

Black Saint

01, Dance, Eternal Spirits, Dance!
02, Croquet Ballet
03, Call of The Wild and Peaceful Heart

Ts: Billy Harper
Tp: Virgil Jones
Pf: Joe Bonner
Bas: David Friesen
Drs: Malcom Pinson
Recorded July 21st&22nd, 1975, Paris

Harperが一人でぽつんと佇む淋しげなジャケットだが、中身は小細工なしのブロウ一発爽快感あふれるアルバム!曲数の少なさと一曲の演奏時間の長さ(3曲目は20分超え!)でどうしてもコルトレーン系スピリチュアル~フリーな演奏をイメージしてしまい手が出なかったが聴いてみるとそんな心配は全くの杞憂だったことがわかり、食わず嫌いは良くないなと改めて思い知らされた。確かに時折フリーキーな感じが混ざる感じはあるが個人的には全然許容範囲、というよりむしろこれぐらい好き勝手に吹きまくってくれたほうが聴いてて楽しい。

1曲目冒頭から漢臭さ全開で、Harperのソロによるイントロからリズムセクションが合流する瞬間は鳥肌モノ。ソロ先発のHarperは言わずもがなのブリブリ感あふれるプレイ、続くVirgil Jonesのトランペットが非常にあっさりしており調度良い箸休め的なものになっている。次にBonnerの短いピアノソロをはさみテーマに戻って終了。
2曲目はLee Morganの『Last Session』にも収録されていた曲で、あちらでもHarperの吹きっぷりには目を瞠るものがあったがこちらは自分のリーダーアルバムということもあってさらにレベルアップしたプレイ。また個人的にこの曲はテーマがめちゃめちゃかっこいいとも思っており、おすすめである。わかりやすいキメがあるのもいい。またこの曲ではBonnerもフィーチャーされておりリーダーに負けじと濃いピアノを聴かせてくれる。
3曲目はイントロのBonnerのピアノこそスローテンポでバラードっぽいが、テーマ部に突入すると雰囲気も一変、ガッツリブラックな雰囲気。「Wild」はわかるが、どこが「Peaceful」なのか小一時間問い詰めたいところである。演奏時間20分を超えるが凝ったアレンジなんかもなくひたすら吹きまくるのみ!の潔い構成だが、不思議となぜか聞き飽きない。3+4+2の9拍子で少し複雑だがその複雑さが上手く麻薬的な中毒作用を働いているのかもしれない。

このアルバムにキャッチコピーを付けるなら「バラード?なにそれおいしいの?」が一番だと思う。夏場に聴いたら暑苦しくて途中で投げ出したくなるかもだがこの時期には聴いてて体があったまる感じがしてかなりおすすめ!

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。